アメリカ 国歌 歌詞。 アメリカの「うた」 大統領選とポール・サイモンによる「国歌」:連載「21世紀の民俗学」(10)

国歌 歌詞 アメリカ 国歌 歌詞 アメリカ

その年の10月19日、ボルチモアの俳優によってホリデイ・ストリート・シアターで歌ったものが歌詞と音楽が一緒に初めて演奏されたことが『星条旗』初演の記録となる。 起立し、国旗が掲げられている方向に体を向けます。 ところで、サンフランシスコでオペラ鑑賞した際に、国歌斉唱がありました。

13
国歌 歌詞 アメリカ 国歌 歌詞 アメリカ

一般的に歌われるのは1番の歌詞のみです。 「天国のアナクレオンへ」 ですが、この 「The star-spangled Banner」が 正式に国歌に採用されたのは、それから随分後の 1931年のこと。

7
国歌 歌詞 アメリカ 国歌 歌詞 アメリカ

当時の星条旗は、星が15個、縞 しま が15本でした。

12
国歌 歌詞 アメリカ 国歌 歌詞 アメリカ

その他、イスラム教、仏教、不可知論、無神論、ヒンドゥー教、ユニテリアン Unitarian Universalist など。 採用年 1931年3月上院が国歌として認める法案を可決。 を陥落させ、さらにイギリス海軍がアメリカ・ボルティモア港のマクヘンリー砦を包囲していた。

7
国歌 歌詞 アメリカ 国歌 歌詞 アメリカ

日本では直立不動で歌うのが正しいとされています。 O'er the land of the free and the home of the brave!。

8
国歌 歌詞 アメリカ 国歌 歌詞 アメリカ

国歌の歌詞の中にはちゃんと「ロケット(rockets)」の語句が使われています。 キーも1805年に『When the Warrior Returns from the Battle Afar』という歌をこのメロディに乗せて作っている。

国歌 歌詞 アメリカ 国歌 歌詞 アメリカ

1812~1815年にかけてアメリカの「第二次独立戦争」とも言われる「 米英戦争」が起こります。

10