柳田 邦男。 『わが息子・脳死の11日 犠牲 (文春文庫)』(柳田邦男)の感想(104レビュー)

邦男 柳田 邦男 柳田

『人の心に贈り物を残していく がん患者の幸福論』(樋野興夫共著) 悟空出版 2017 翻訳 [編集 ]• 1936年栃木県に生まれ、9歳で終戦を迎える。 『事実の時代に』新潮社 1980 のち文庫• まだ考えはまとまりませんが、「延命措置はいらないからね」と言うだけでは無責任だと考えるようになりました。

3
邦男 柳田 邦男 柳田

『いのち 8人の医師との対話』講談社 1996 のち文庫• 『はじまりの記憶』(伊勢英子共著)講談社 1999 のち文庫• 子供の心の成長をしっかり支えてあげるにはどうあるべきか考えると、絵本というのが登場してくるわけです。

2
邦男 柳田 邦男 柳田

森のほんとうの姿をたしかめよう! ぼくは、ひとりででかけた…。

13
邦男 柳田 邦男 柳田

死はどの視点から取るかで全く意味が違ってくるからだ。 それらのことが命のことを考える原点になったと思います。

邦男 柳田 邦男 柳田

その後、第1回の脳死判定(5日目、8月14日)、第2回の脳死判定(6日目、8月15日)が実施され、正式に脳死患者となる。 その手紙を紹介したあとで、柳田さんはこう書いていた。

4
邦男 柳田 邦男 柳田

『新・がん50人の勇気』文藝春秋 2009 のち文庫• 『悲しみは真の人生の始まり 内面の成長こそ』PHP研究所 2014• 自ら及び大切な人の死と生について、改めて考えさせる一冊である。 クレア・A. 『犠牲(サクリファイス)わが息子・脳死の11日』文藝春秋 1995 のち文庫• そのつらさを引き受ける、それこそが人生だと思うんですね。 この中で柳田は、読者に真摯に対応しなかった毎日新聞を批判したが、一方で「失敗に対する攻撃が、ネット・アジテーションによる暴動にも似た様相を呈しているのは、匿名ネット社会の暗部がただごとではなくなっていると恐怖を感じる」と批判の矛先を毎日新聞だけでなくこの不祥事を広く世間に知らしめたインターネットにも向けた。

14
邦男 柳田 邦男 柳田

『続マッハの恐怖 連続ジェット機事故鎮魂の記録』フジ出版社 1973 のち新潮文庫• 人間の命や生きることの一番大事なことを教わるような感じで会う、これは現場ではなくては出来ないですね。

9
邦男 柳田 邦男 柳田

『砂漠でみつけた一冊の絵本』 2004• 1995年に菊池寛賞受賞。 1995年 『犠牲(サクリファイス) わが息子の脳死11日』などノンフィクション確立・貢献で、文藝春秋読者賞• 『「人間の時代」への眼差し』講談社 1994 のち文庫• 絵本でしっかり子供の人格形成、人間形成が育って来るとその子の一生が変わるに違いない。 息子を失った一人の父親としての立場である。

18
邦男 柳田 邦男 柳田

367• 青年時代、世の中に起きているいろいろな現場を取材し、見ていましたが、やっぱり、それらを対象化して見ていたと思います。 ルース・バンダー・ジー『エリカ奇跡のいのち』講談社, 2004• ちなみにコロナ感染拡大の早い段階で、感染による重篤な肺炎に陥り、3月末に急逝した70歳のコメディアン志村けんさんの場合、身体に倦怠を感じ始めたのが同月17日、2日後に呼吸困難に陥り、翌日緊急入院、人工心肺装置を装着しても効果はなく、29日に息を引き取った。 『撃墜 事件』講談社 1984 のち文庫• 2階から飛び降りようとして精神科に通うようになり5年間通院しましたが、息子との会話は頻繁にやりました。

15