障害 者 基本法 と は。 障害者基本法改正(2004年改正と2011年改正)

と 障害 は 基本法 者 と 障害 は 基本法 者

1970年(昭和45年)制定の 心身障害者対策基本法を改正して1993年(平成5年)成立。 )の制定に向けた検討が行われました。 これを受け、の中でも、このの実施を、やややについては、また一般事業者についてはを課している。

と 障害 は 基本法 者 と 障害 は 基本法 者

2 社会的障壁の除去は、それを必要としている障害者が現に存し、かつ、その実施に伴う負担が過重でないときは、それを怠ることによつて前項の規定に違反することとならないよう、その実施について必要かつ合理的な配慮がされなければならない。 (障害者基本計画等) 第十一条 政府は、障害者の 自立及び社会参加の支援等のための施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、障害者のための施策に関する基本的な計画(以下「障害者基本計画」という。 二 当該都道府県における障害者に関する施策の総合的かつ計画的な推進について必要な事項を調査審議し、及びその施策の実施状況を監視すること。

と 障害 は 基本法 者 と 障害 は 基本法 者

3 (略) (住宅の確保) 第二十条 国及び地方公共団体は、障害者 が地域社会において安定した生活を営むことができるようにするため、障害者のための住宅を確保し、及び障害者の日常生活に適するような住宅の整備を促進するよう必要な施策を講じなければならない。 6 (略) (都道府県障害福祉計画) 第八十九条 (略) 2 (略) 3 都道府県障害福祉計画は、障害者基本法 第九条第二項に規定する都道府県障害者計画、社会福祉法第百八条に規定する都道府県地域福祉支援計画その他の法律の規定による計画であって障害者等の福祉に関する事 項を定めるものと調和が保たれたものでなければならない。 三 当該市町村における障害者に関する施策の推進について必要な関係行政機関相互の連絡調整を要する事項を調査審議すること。

15
と 障害 は 基本法 者 と 障害 は 基本法 者

第四章 障害者施策推進協議会 (中央障害者施策推進協議会) 第二十四条 内閣府に、障害者基本計画に関し、 第九条第四項(同条第九項において準用する場合を含む。 (新設) (国際協力) 第三十条 国は、障害者の自立及び社会参加の支援等のための施策を国際的協調の下に推進するため、外国政府、国際機関又は関係団体等との情報の交換その他必要な施策を講ずるように努めるものとする。

2
と 障害 は 基本法 者 と 障害 は 基本法 者

その後、ハラスメント、欠格事由、障害女性等の残された課題や差別を受けた場合の紛争解決の仕組みのあり方について検討され、同年6月からは部会の意見の取りまとめに向けた議論が始められました。 三 全て障害者は、可能な限り、言語(手話を含む。

4
と 障害 は 基本法 者 と 障害 は 基本法 者

心身障害者対策の目的は、第1条のなかに書いてあります。 (国民の責務) 第八条 国民は、基本原則にのつとり、第一条に規定する社会の実現に寄与するよう努めなければならない。 」としたため、のように、従来であれば「障害者」に含まれない者についても、広く同法の対象とされることとなった。

6