メイン テート 添付 文書。 アーチスト錠1.25mg、2.5mg、10mg、20mg(効能・効果、副作用、添付文書 等)

添付 文書 テート メイン 添付 文書 テート メイン

1)慢性心不全患者に投与する場合には、必ず1日1回0. 著しい洞性徐脈• , 64 17 , 65 I-70 I, 1989• 5.眩暈、ふらつきが現れることがあるので、本剤投与中の患者(特に投与初期)には自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させる。 【妊婦・産婦・授乳婦等への投与】• 8.使用期限の過ぎた製品は服用しないでください。

7
添付 文書 テート メイン 添付 文書 テート メイン

狭心症以外の適用、例えば不整脈で投与する場合でも、特に高齢者においては同様の注意をする。

10
添付 文書 テート メイン 添付 文書 テート メイン

3.休薬を要する場合は、徐々に減量する。

添付 文書 テート メイン 添付 文書 テート メイン

(過量投与) 1.症状:過量投与により、徐脈、完全房室ブロック、心不全、低血圧、気管支痙攣等が現れることがある。

添付 文書 テート メイン 添付 文書 テート メイン

山中教造ほか, 日本薬理学雑誌, 97 3 , 167-178, 1991• 25~5mgを経口投与する。

17
添付 文書 テート メイン 添付 文書 テート メイン

紅皮症• 狭心症• 多形滲出性紅斑• CYP3A4阻害剤 エリスロマイシン ジルチアゼム リトナビル イトラコナゾール等 エリスロマイシン及びジルチアゼムとの併用により、本剤の血中濃度が上昇したとの報告がある。 慢性心不全; 臨床試験 承認時まで : 国内臨床試験 プラセボ対照二重盲検比較試験 :国内の臨床試験では、総症例数100例中、副作用が報告されたのは57例 57. KEGG DRUG 20. 慢性心不全を合併する本態性高血圧症、慢性心不全を合併する狭心症の患者、慢性心不全を合併する心室性期外収縮又は慢性心不全を合併する頻脈性心房細動のある患者では、慢性心不全の用法・用量に従う。 1.重大な副作用(頻度不明) 緑内障、後嚢白内障:眼瞼皮膚への使用に際しては眼圧亢進、緑内障を起こすことがあるので注意する。

2