和歌山 小 5 男児 刺殺 事件。 和歌山県紀の川市小5男児殺人事件その2(容疑者逮捕): ASKAの事件簿

男児 刺殺 和歌山 事件 5 小 男児 刺殺 和歌山 事件 5 小

事件直後に現場から逃走した男を目撃した通報者の証言から、容疑者の犯行と断定したとの事。

男児 刺殺 和歌山 事件 5 小 男児 刺殺 和歌山 事件 5 小

現場近くに住む50代女性は、2~3年前に「中村容疑者が屋外で手おののようなものを 素振りしているのを見た」といううわさを近所で耳にした。 卒業生の3分の2は、僧侶になっていくという>(週刊新潮) 父親は地元の区長を務め、母親は民生委員をやり、近隣住民の間では「立派な家」として知られていたそうだ。

14
男児 刺殺 和歌山 事件 5 小 男児 刺殺 和歌山 事件 5 小

事件現場の草むら付近からは複数の足跡も採取しており、重要な物証とみている。 <「ミグ21、ミグ23、ミグ25(いずれもソ連が開発した戦闘機)を保有していることが確認されています」(軍事ジャーナリスト世良光弘氏)> 壊滅させるのに1年はかかるのではないかと世良氏はいっている。

男児 刺殺 和歌山 事件 5 小 男児 刺殺 和歌山 事件 5 小

私はこの事件や、この前の名古屋の77歳女性殺人事件が起きた時、佐世保の同級生殺人事件と同様に「人を殺してみたい」と言う動機の「悪い連鎖反応」(模倣犯)なのかもしれないと考えています。

13
男児 刺殺 和歌山 事件 5 小 男児 刺殺 和歌山 事件 5 小

和歌山県紀の川市で2015年2月、小学5年の森田都史(とし)君(当時11)が刺殺された事件で、殺人罪などに問われた無職中村桜洲(おうしゅう)被告(26)の控訴審判決が16日、大阪高裁であった。 殺し方が残虐なため、そうとう強い犯行動機が考えられるはずだが、『週刊文春』は「それは他愛もない出来事が原因だった」として、冒頭紹介した近所に住む女性の証言を載せている。

2
男児 刺殺 和歌山 事件 5 小 男児 刺殺 和歌山 事件 5 小

仕事もせずに引きこもっている中村さんが竹刀や木刀を素振りしていることは、以前から近所で評判になっていました」> 2月5日(2015年)、和歌山県紀の川市で小学5年生の森田都史君(11)が腕や頭、右胸など十数か所を刺されて殺された事件は、2日後に近所に住む中村が逮捕されて全面解決かと思ったが、報道によると未だに本人は否認しているようだ。

9
男児 刺殺 和歌山 事件 5 小 男児 刺殺 和歌山 事件 5 小

とくに、犯人は逃走して直ぐに自宅に逃げ込んだ、と見解されているのにも関わらず、「玄関から」見つかった一カ所の血痕だけで逮捕されてしまう… こんなのは野次馬に行った人の靴には血はつきますし、第一現場が近すぎるため、家の人が見に行って付着したもの、と考えるのが妥当… 以上の状況から察するに、現容疑者の「奇行」や「精神状態」「生活状態」を良く知ってる第三者の犯行の様に思えてなりません。 週刊新潮は近隣住民のこんな言葉を載せている。

19
男児 刺殺 和歌山 事件 5 小 男児 刺殺 和歌山 事件 5 小

ナタに血痕は見当たらないといい、県警はDNA型鑑定などで詳しい調べを進める。 この長男はどういう生活を送ってきたのか。

1